【医療脱毛】始める前に知っておくこと

脱毛には医療脱毛や美容脱毛、他には自宅で出来る家庭用脱毛器などの様々な脱毛方法があります。
 
一体どの脱毛から始めればいいのか分からない方に、今回は脱毛効果が一番高いと言われる医療脱毛について解説をしていきます。

脱毛のタイプ


脱毛は大きく2つに分かれています。
 
1つは美容脱毛(エステやサロン)、そしてもう1つが医療脱毛です。
 
他にも脱毛方法はありますが、大きく分けるとこの2つになります。
 
美容脱毛は、エステサロン等で主に取り扱われる光脱毛とも呼ばれているものです。
 
美容脱毛は痛みが少なく費用が安いのがメリットですが、一回の脱毛効果が弱いのがデメリットです。
 
医療脱毛は、痛みが強く費用が高いのですが、一回の脱毛効果が高いのでメリットです。
⇒医療クリニックの決め方が肌トラブルを回避する【レーザー脱毛】

医療脱毛とは?


医療脱毛ではレーザー脱毛が取り扱われており、毛の細胞を破壊して毛が生えなくなるよう脱毛処理する事が出来ます。
 
エステサロンでは毛の量を減らしたりと抑える効果しかありませんが、医療脱毛では永続的に毛を生えなくする事が可能です。
 
エステサロンよりも強い照射パワーを出す脱毛機器を使用するので、医療現場でしか法律上取扱いが認められていません。
⇒医療脱毛って何?今さら聞けない!簡単解説【医療クリニック】
 

医療レーザーの流れ

脱毛を行う前に、事前に毛の処理が必要です。
 
レーザーが処理された黒い毛根に反応し、発生した熱で毛の組織を破壊します。
 
破壊された毛は時間経由によって自然に抜け落ちてくれるので、毛の組織が再生する事はありません。
 
レーザーは黒い毛(色素メラニン)にだけ反応するので、他の細胞や皮膚などを傷つけず脱毛することが出来ます。
⇒医療クリニック|脱毛(施術)の流れを知ろう【レーザー脱毛】
 

医療脱毛の痛み


恐らく大体の方が医療脱毛の一番のデメリットに感じる部分ではないでしょうか?
 
医療脱毛ではエステサロンより脱毛効果が高いパワーが強い機器を使用するので、脱毛では強い痛みを伴う可能性があります。
 
その為、肌を冷やすクーリングや麻酔クリーム等で脱毛での痛みを最小限に軽減する対策がとられています。
 
どうしても心配な方は、カウンセリング時にテスト照射をスタッフにお願いをして痛みの強さを確認する事をおすめします。
⇒【医療脱毛】痛みを感じやすい理由を詳しく解説

医療脱毛の脱毛効果の期間


医療脱毛のレーザー脱毛は脱毛効果がとても高いですが、一回の脱毛で脱毛が終わる訳ではありません。
 
個人差はありますが、1回の施術で大体20%程しか脱毛が出来ていません。
 
効果的に脱毛効果を得る為には、毛周期のサイクルが重要となります。
 
毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」の順番で生え変わっています。
 
脱毛効果を得られるのは「成長期」の時期だけです。
 
つまり「成長期」以外の時期に脱毛を施術しても効果が薄いので、施術が終わった次は脱毛する迄に2~3か月の期間を待つ必要性があります。
 
個人差はありますが、脱毛が終わるのは大体1年程を目安で考えているといいでしょう。
⇒【医療脱毛】脱毛効果が出る期間はいつ?

医療レーザー脱毛の肌ダメージ


医療脱毛では毛の組織を破壊する医療行為にあたるので、肌ダメージの心配をされる方も多いと思われます。
 
脱毛器は日々進化しており、脱毛をする上で肌へのリスクはかなり少なくなっています。
 
また知識力や経験などの実績あるスタッフが在籍しているので、お客様の肌状態に合った脱毛を行うので肌へのダメージリスクは更に軽減されます。
 
ただ、万全の体制でも肌へのトラブルが100%起きないという保証はありません。
 
肌へのダメージが起きさないように、スタッフが最善の注意を払い丁寧に対応してくれます。 
⇒肌のトラブル!ダメージを与えない為にはどうする?【ケア】
 

脱毛による肌ダメージのリスク

火傷

レーザ―脱毛を行う場合、その人の毛の太さや肌の状態を見極めた上で照射パワーを設定します。
 
パワーが弱ければ当然脱毛効果が低くなるので、ギリギリのパワーを上げて照射する必要があります。
 
また、体毛のメラニン色素にレーザーが吸収されると熱が発生されるので、日焼けした肌の状態では火傷を伴う可能性があります。
 

毛嚢炎(もうのうえん)

レーザーの熱によってバリア機能がダメージを受けてしまい、毛穴に雑菌が入る事で炎症を起こしてしまう症状です。
 
毛穴の周囲が赤くなったり、ニキビのようになる事もあります。また、下記部位に生じる場合もあります。
 
症状は一時的なものなので、時間経過で治ります。
 

赤み・ひりひり感・むくみ

レーザー脱毛の施術後、皮膚の赤みや点状のむくみが起きる症状です。
 
施術後には大体の方が起きる症状で、赤みむくみの度合いは個人差によって違います。
 
2、3時間位で落ち着きます。
 

硬毛化・増毛

本来レーザー脱毛によって毛の細胞を破壊するものが、反対に毛が固く濃く増毛する症状です。
 
現在はまだ症状の原因はまだハッキリとは解明されておりません。
 
レーザーの熱量不足により毛細胞が促進するのが原因と言われている説もあります。
 

打ち漏れのリスク

体にレーザーをうまく当てることが出来ず、脱毛する毛が残ってしまうことです。
 
レーザー脱毛後は、毛が抜け落ちてくるのですぐに分かります。
 

医療脱毛の料金の相場は?


医療脱毛のコースによって金額は違ってきます。
 
一般的には、【顔&VIOなし=約20万(5回)】、【顔&VIOあり=約35万(6回)】、【顔なし&VIOあり=約25万(5回)】が一般的な相場と言われています。
 
コースは5~6回程度ですが、毛がないツルツル肌にしようと思うと、個人差はありますが8回以上の脱毛をする必要性があります。
 
また毛の生えている部位によっても脱毛効果は違いますが、基本的にコース相場の料金よりも高くなる事を見積もっておいた方がいいでしょう。
⇒【医療脱毛】料金・金額はどれだけ高いの?
 

医療脱毛の料金の支払い方法

一番オーソドックな支払い方法は、現金での一括支払いです。
 
余計な手数料もなく一番シンプルでおすすめな支払い方法です。
 
クレジットカードで支払いをする事も可能です。
 
ただ、クレジットカード決済で分割を選択した場合は、3回以上の分割では金利手数料がかかってしまいます。
 
またクレジットカードの種類によって、使用できないカードがあるのもデメリットです。
 
支払い負担を更に抑えたい人の為に『医療ローン』の利用も可能です。
 
元々医療ローンは医療での高額な治療費が必要になった場合に使用できる制度です。
 
長期のローンや金利が低いのが大きなメリットですが、審査が通らなければ医療ローンを受ける事は出来ません。
 
また医療脱毛のみに適応される制度ですので、エステサロンの美容脱毛では対象外です。
⇒【医療脱毛】料金の支払い方法には何がある?【クリニック】

月額制での支払いも可能?

対応しているクリニックは少ないですが、月額で脱毛を行える所もあります。

しかも一ヶ月の料金1万円以下なので、かなりリーズナブルで脱毛する事が出来ます。

ただ、1回の脱毛する範囲が狭い場合もあるので、脱毛が終わるのに時間がかかってしまう可能性もあります。
⇒【医療脱毛】月額払いってお得?メリットやデメリットを解説


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


【2021年最新】脱毛器ランキング


おすすめ記事