脱毛で肌にダメージを与える?肌荒れは起きる?

脱毛すると肌へのダメージは?

結論を言うと、剃ったり抜いたりする方が肌へのダメージは大きいです。
 
自己処理でカミソリ等で毛を処理すると、刃の当てかたで肌の皮膚を傷つけてしまう事があります。
 
また剃り方が悪いと、剃った毛が表皮の中に入り込んでしまい、毛穴の奥で毛包炎を起こす場合もあります。
 
【セルフで行った場合に起こる肌荒れ】
セルフで毛の処理を行った事で、肌トラブルが起きる原因はどの様なものがあるのでしょうか? 肌荒れの症状と原因をお伝えしていきます。
 

毛嚢炎(もうのうえん)

毛をワックスや毛抜きで抜く事で、毛穴が開いてしまいます。
 
この毛穴に細菌が入り炎症を起こした状態を毛嚢炎と言います。
 
毛嚢炎が悪化してしまうと、化膿し膿をもちます。
 
症状はニキビに似ていますが、ニキビではないのニキビの治療薬では効果はありません。
 
膿は無理に出そうとすると、痕が残る可能性があり広範囲に多く広がるものまであります。
 
症状が軽い場合は、自然に完治する事はが多いです。
 
痛みや痒みの症状が治まらない場合には、皮膚科を受診しましょう。
 

かゆみ&赤み

ムダ毛をカミソリで剃った後に、かみゆや赤みが出るには様々な原因が考えられます。
 
剃った後に特に肌が異常なくても、ヒリヒリしている場合はカミソリ負けをしている可能性があります。
 
シェービング剤を塗らなかったり、直接肌に当てて毛を剃り落とし肌表面の角質層を削ってしまう事で、皮膚バリアが損傷し痛みの原因になりやすいです。
 
膚のバリア機能が低下することで、化粧水をつけるとしみるといった症状が表れます。
 
また、カミソリの刃に使われる金属によって、皮膚炎や湿疹が出る場合もあります。
 

ニキビ・吹き出物

皮膚バリアが損傷すると、毛穴に細菌が入りニキビや吹き出物が出来る事があります。
 
除毛クリームやシェービングを続けると、肌の表面を傷つけてしまい、より症状を悪化させる原因にもなります。
 
過剰なムダ毛処理は肌に刺激を与え続けてしまい、メラニンが沈着によってお肌が黒ずんでしまいます。
 
お肌にはできるだけ刺激を与えないように気をつけましょう。
⇒脱毛で肌にダメージを与える?肌荒れは起きる?
 

肌荒れをしている場合は注意が必要


 

【にきび肌】

ニキビの数が少なければ、ニキビを避けて脱毛を行う事は可能です。
 
ただ、ニキビが沢山出来ている場合、施術を行うことで肌トラブルを招く可能性が高くなるので、出来るだけ控えるようにしましょう。
 

【アトピー肌】

アトピー性皮膚炎は、肌の赤みやカサカサやするのが特徴です。
 
アトピー性皮膚炎の方でも、脱毛する事は出来ますが、普段飲まれている薬や塗り薬によっては、脱毛が難しい場合もあります。
 

【肌が弱い人】

脱毛は光で施術を行うので、肌が弱い人でも安心して受ける事が可能です。

⇒脱毛を始める前に知る|医療?エステサロン?家庭用脱毛器?


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


【2021年最新】脱毛器ランキング


おすすめ記事