脱毛器|照射パワー(レベル)調整が肌トラベルの原因に!

医療クリニックやサロン・エステの脱毛方法が違うように、家庭用脱毛器も「フラッシュ式」と「レーザー式」タイプが異なる脱毛を行います。
 
大体の製品で脱毛する機器のレベル調整が出来るようになっていますが、中には照射レベル調整ができない性能面のコストを下げた脱毛器もあります。
 
照射レベル調整ができなければ、自分に合った脱毛を行えないので取り扱いには注意が必要です。
 

 

フラッシュ脱毛かレーザー式のどちらを使うか考える

脱毛器のレベル調整の前に、まず自分がフラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー式のどちらに合っているのかを考える事が重要です。
 
一般的にフラッシュ脱毛(光脱毛)は機器のパワーが弱く、何度も繰り返すことで脱毛効果を感じられるようになります。
 
対して、レーザー式は機器のパワーが強いので、フラッシュ式より痛みが強くなりますが脱毛効果も早くに感じられるのがメリットです。
 
肌に合う合わないの個人差があるので、自分に合った脱毛器のタイプを選ぶ事が肌トラブルを避ける1つのポイントです。
⇒種類や特徴|自分に合ったものはどれ?

 

照射パワー(レベル)調整可能な製品を買う

照射パワーが強い状態であれば、その分脱毛効果に期待はもてます。
 
ただ、肌が少し焼けていたり生理前等で敏感な状態になっている場合、普段の照射レベルでも強い痛みを感じる場合があります。
 
肌が敏感な状態で無理に照射をする事で、肌トラブルを起こしてしまうので照射レベルが調整可能な商品を必ず購入するようにしましょう。
 
また、肌状態が安定していても、黒く太い毛を脱毛することでより強い痛みを感じます。
 
太い毛に照射をして痛みを感じた場合には、痛みを感じないレベルまで下げて脱毛を行いましょう。
 
各家庭用脱毛器によって調整できる段階は違うので、出来るだけ調整レベルが細かく段階分けされている製品がより望ましいです。
 【脱毛器】低価格・安い製品は脱毛効果なし!【理由】

 

脱毛する前準備も考えましょう

脱毛を行う場合、痛みは必ずしも大なり小なり伴います。
 
毛の細い場所に比べて、太くて黒い毛に照射すると痛みは強くなるので、脱毛をする前準備を出来るだけ整えておくのがおすすめです。
 
脱毛する場合、大体2~3日前に毛を剃るのですが、太い毛の箇所は前日や当日に剃るのでも問題はありません。
 
また、自分の毛の周期(毛周期)に合わせるようにして、成長期の毛を狙って脱毛を行いましょう。そうする事で、より高い脱毛効果に期待がもてます。
脱毛の仕組みと種類を考える


低価格な家庭用脱毛器はデメリットになる点が多いです。
 
①機器の照射パワーが低く脱毛効果をあまり感じられない。
②照射レベルの選択できない(痛みを感じやすい)
③カートリッジが取り替えできない(使い捨てタイプ)
④照射範囲が狭い(脱毛に時間がかかる・コスパが悪い)
⑤リーズナブルな海外製品
 
コスパが良く脱毛効果を高く感じられる、おすすめの家庭用脱毛器を紹介します。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



【2020年最新】家庭用脱毛器ランキング


おすすめ記事