脱毛器|海外製は買わないほうがいい?日本製との違いは?

これから脱毛器を購入しようとする前に、日本製と海外製の差は理解していますでしょうか?
 
脱毛器は日本製だけでなく海外製品も沢山販売されており、インターネットがあればいつ何処でも簡単に海外製品を購入することが出来ます。
 
身近で海外製品も購入できる時代だからこそ、日本製品との差をあまり感じられていない方が多いかもしれません。
 
日本製品と海外製品の差をしっかりと理解した上で、脱毛器を購入することをおすすめします。
 

 

日本製と海外製の脱毛器の違い


 

脱毛器の品質

脱毛器の歴史としては、海外の方が古いです。
 
以前は日本の製品の方が平均的に脱毛器の品質レベルが高い傾向でしたが、近年では海外製品も全体的に品質面で性能が上がってきています。
 
故障しやすいと言われていた海外製品は一部の商品です。
 
海外製品でも日本製と同じように、品質が高い脱毛器は沢山販売されています。
 

 

肌質と毛質

日本製の脱毛器は、日本人の肌質や毛質に合わせて製造されています。
 
反対に海外製の脱毛器は、海外の方の肌質や毛質に合わせて製造されているのが日本製との大きな違いです。
 
海外製を使用することで、肌トラブルが必ず起きる訳ではありません。
 
ですが、標準で合わせている肌質や毛質が異なるので、使い続けていく事で脱毛効果に差が出てくる可能性はあります。
 
また海外の方と日本人と肌質や毛質が違うので、海外製を使用することで肌への負担が起きる場合もあるので注意が必要です。
 
ただ、最近の海外製品でも日本人の肌に合わせてカスタマイズできる機種もあります。
⇒脱毛の仕組みと種類を考える

メンテナンスや故障問題

海外製品で一番の問題となるのが、メンテナンスや故障問題です。
 
日本製の機器は国内で製造販売されているので、もし故障やメンテナンスの問題が起きた場合には早い対応が可能です。
 
その点、海外製だと故障した脱毛器を海外へ発送しなければいけない場合もあります。
 
全ての海外製品が海外での対応ではありませんが、日本製品だとメンテナンスや故障問題へ対応が早いのは間違いありません。
 

 

海外製は買わないほうがいい?

海外の製品でも品質が高い脱毛器はありますので、製品レベルで考えれば日本製と海外製で差別化をする必要はありません。
 
ただ、故障やメンテナンス等の将来的な事を考えますと、やはり日本製の脱毛器を購入した方が安心だと言えるでしょう。
⇒【脱毛器】低価格・安い製品は脱毛効果なし!【理由】


低価格な家庭用脱毛器はデメリットになる点が多いです。
 
①機器の照射パワーが低く脱毛効果をあまり感じられない。
②照射レベルの選択できない(痛みを感じやすい)
③カートリッジが取り替えできない(使い捨てタイプ)
④照射範囲が狭い(脱毛に時間がかかる・コスパが悪い)
⑤リーズナブルな海外製品
 
コスパが良く脱毛効果を高く感じられる、おすすめの家庭用脱毛器を紹介します。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



【2020年最新】家庭用脱毛器ランキング


おすすめ記事